イオンクラスター発生原理

それは、自然の中に—

自然の原理から生まれる、身近なイオンクラスター

1934年、イオンクラスターと呼ばれる物質が存在することがモスクワ空気イオン研究所により発見されました。イオンクラスターは、酸素分子のイオンが10~60個単位で集まった集合体で、空気中にも存在します。

宇宙のほとんどの物質は、「イオン化」されています。一方、地球上のほとんどの物質は、イオン化されていません。イオン化を誘発し、電荷を分離するには十分な高エネルギー源が必要とされます。
雷や稲妻等といった高エネルギー発生源により、空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターは、自然の中では滝や森のようなところに多く存在しますが、都心部や人口が密集して汚染された場所には少ないものです。

イオンクラスターが持つ作用の中には、空気中の悪臭分子、微生物、雑菌、カビ菌を包みこむ性質があります。この原理を利用して除菌作用、脱臭、有害物質除去により快適な空気を作ることができます。




発生原理

  1. 放電管に交流高電圧をかける。
  2. 誘電体表面に強い電磁場が形成される。
  3. 放電され、空気(酸素)分子にエネルギーが加えられる。
  4. 空気(酸素)分子から電子(e-)を奪って酸素分子陽イオンが、空気分子に電子を与えて酸素分子陰イオンが生成される。
    O2→ O2+ + e-  O2+:酸素分子陽イオン
    O2+ e-→ O2-    O2-:酸素分子陰イオン
  5. 酸素分子陰イオンが水蒸気と反応して反応活性種(ヒドロペルオキシラジカル/OHラジカル)が生成される。
    2O2-+ H2O → O2+ HOO・-+ ・OH
    HOO・-:ヒドロペルオキシラジカル
    ・OH:OHラジカル、ヒドロキシルラジカル
  6. 酸素分子陰イオンは、放電時に副生成物として発生するオゾンと反応して反応活性種(OHラジカル)が生成される。
    2O2-+ O3+ H2O → 3O2+ OH-+ ・OH

  7. 酸素分子陽イオン、酸素分子陰イオン、ヒドロペルオキシラジカル、OHラジカルは、強力な親和力を持つので、塊の状態で集まってイオンクラスターを形成して約120秒間活動し、悪臭分子、細菌、真菌等を分解・窒息させたあと、二酸化炭素や水分子に還元される。